スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しい出来事    12/15/2005
荒んでる・・・

最近 嫌なニュースが多すぎます。
子供が何人 バカな奴の犠牲になったか・・・
ペルー人:「神が降りてきた 知らないうちに死んでいた。」クソッ!自国でも同じような事をして裁きも受けずにのうのうと日本に住み、精神鑑定とやらの逃げ場があることをきっと知っているであろう態度。どれだけの作業をしたのか・・・
身長130センチそこそこの女の子を殺し、箱の中に入れてテープとめ・・・すべて知らないうちにからだが動いていたなんて、そんなに精神障害がある人間なら、仕事もできないでしょう!
まだ犯人がわからない山に置き去りにされた少女:
いつもなら迎えにいくはずのおばあちゃんも、一緒に帰るはずのお姉ちゃんもどれだく悔やんでいるのか・・・きっとなんの抵抗もすることなく悲鳴をあげてもだれにも聞かれる事もなくきちがいの刃にかかってしまったであろう たくさんの夢を抱いていた女の子。
 北海道でいなくなってしまった男の子はどうしているんだろう・・・。誰かこっそり預かってしまったのなら、誘拐ではあるけれども、生きていてほしい。

そして・・・
塾の同志社大のきちがい野郎!
ありえない・・・
 冷静に考えても、殺人が自分の将来になんの役に立つのか
そんな事 教えないと知らなかったことなのか・・・。
 取り調べでも、謝罪はないらしい。
自分の思いどうりにならないと、いなくなれば解決するという発想・・・
 12歳でこれからの将来の為に一生懸命勉強しようと頑張っていた 多分賢いお嬢さんなんでしょう・・・
 どうにもならない。
動物が獲物を食い殺す時のように首を刺す。
一生治らないその性質。
それを作り上げた親はどう思っているんだろう・・・
 同じように小学生の頃から塾に行き、その名前を知らない人がいない「同志社大学」に入り将来を楽しみにしていたであろう同じ両親。
「全部が夢であってほしい」・・・そう言っていた方がいた。

最近では私も人事ではなく、遅くなる娘は駅まで迎えにいくようになった。
街をあるいていても、目つきの怪しい人を見かけることもp少なくない。
 ブツブツ喋りながら歩いている人もいる。
バスの中では、誰ともなく語りかけているきちんとブレザーを着ているひとも見かけた。
 黙っていれば普通の人に見える。

人間を差別するのは好きではないけれど、一度でも理不尽な理由で人を殺めた人間は、幼い命を簡単に奪ってしまった大人の年齢に達している人間は、少なくともきちんと精神療法をし、世間に出るさまざまなシュミレーションをし、そして一生管理されて生きていくべきだと思う。
 再犯・・・あってはならない事。が、起きているから。
もし・・・我が子がおなじ目にあったら
 間違いなく許す事はできないし、きっと死ぬまで 殺すまで追い詰めると思う・・・
 どの親もみんな同じだと思う。
「更正して欲しい」なんてありえない「返して欲しい」しかない。
でも・・・二度と会えない。話せない。笑えない。怒れない。

 構造偽造は、大人同士で解決していくしかない。
みんなうそつき!
 私利私欲が渦巻いて恐ろしくなる。
証人喚問をしている偉いお役人もはたして人に追及できるほどきれいなのか???って聞きたくなる。

 これからの展開は一般の方々には気の毒だけれど、欠陥住宅にすんでいる人、リフォーム詐欺にあった人はどうするんだろうか???

 今日はとにかく腹がたって仕方なく 楽しくはないけれどぶちまけてしまいました!
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://toshisayumari.blog38.fc2.com/tb.php/9-68e03927
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。