スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成田空港劇場    03/25/2006
旅立ちました・・・
長男の俊伸が オーストラリアへ・・・
25日 21:05発 ニューギニア航空55便 ポートモレスビー経由 ブリスベン行き。

卒業式から ほぼ毎日遊びまくり 彼女と短い期間のデート
ホストのような生活
長女とは部活で忙しいためほとんど顔も見ない・・・

半年(予定では)留守にするにも関わらず、家族で夕飯を食べに行くことも出来ず、送別会なんてまったくで、なんとも冷めた家族でした。
 もちろん 英語の勉強はするわけも無く
現地情報はなにも知らず
行く場所もホストファミリーの名前すらわからない状態
そして・・・スーツケースはちゃんと調達してあるのに
3日前になってもそのまま 空っぽ。
前日になってやっとパックを始めたものの・・・心ここにあらず・・・っという感じ。
私が入れるのは簡単だけれど 「やるわけな~~い」
自分の事は自分で!
別にハラハラしないのが そうB型です
足りない物は、結局 当日買いにいく始末。
はちゃめちゃな出発です。
と・・・ここまでだけでもビックリされるのに
成田空港劇場がこれまたおもしろい!

オーストラリアは持ち物の規制が厳しいとは聞いていたので、食料品は持っていかなかったけれど
「重量制限20キロ」 「手荷物7キロ」
これがしびれたぁ~~
今までなんども海外には行っているけれど、重量の制限で注意されたことはなかったので、乗っかって閉まるほど荷物を詰め込んでも問題なかったのに 今回のオーストラリアの規制は困りもの スカスカにしないと20キロなんてすぐ!
搭乗手続きカウンターのお姉さんのご協力のおかげでなんとかクリア

そう!中身を出したのです。
オーバーした重さは、1キロ ¥5000
我が子のオーバーした重さは7キロ
35000円・・・むり!絶対無理!!
お姉さんの「どおします?」に
間髪入れず「出します!」と私。

となったら・・・みなさん協力体制
カウンターのところで何回も重さを調べて、
出して計り 出して計り 出して計り・・・
クリアになったとき 息子はガッツポーズ
これでやっと荷物が乗せられます。

そしてまだまだ 成田空港劇場

中学の時の友達3人 一緒に車で乗ってきた彼女
私と妹の真里はそこにいるのですが・・・
来るはずの高校のサッカー部の素晴らしい友達がいない・・・

中学 高校共通の親友 Kヘイはいるけれど・・携帯が鳴ると
近くまで(電車の中)来てるらしい・・・
でも、お姉さんが「もう入ってください」と、声をかけに・・
とりあえず 携帯の声だけで別れを告げ
す~~~~~~っと ピピッ!の下を通過して行きました。
5人だけでバイバイして 彼女は涙をこらえていました。

5分後・・・
来てくれました。
さとし じゅん しば けいご すがい げし つばさ
2人
全部で、13人の友達。

みんな せっかく来たのに本人に会えなくて ドーンと落ち込んでいました。
高い空港見学。
ありがとうです。本当にありがたいです。
会えなくて落ち込んだ彼らを見せたかったです。
きっとすごく感謝するでしょう・・・
ほんの少ししかそこで話す事できないのに 成田空港まで来てくれた友達・親友。
昨日もおとといも会っているのに・・・

バイトして、お金貯めて遊びに行ってほしいです。
オーストラリアに。

さて・・・どーなることやら!
なんの計画もないまま 国内一泊旅行のようにブリスベンに行った18歳の息子です。
目的は英語がしゃべれるようになること・・・これだけ
写真が送られてきたら載せようと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://toshisayumari.blog38.fc2.com/tb.php/49-50f01ce1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。