スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに    07/30/2007
 まったく更新していませんでした。
ミクシーをのぞいていると・・・ついつい 時間がなくなります。
ダメダメ!!! それではいけません


で・・・今日は 大好きなセニョール(サッカーコーチ)の真似。

家族の紹介


まずぅ~~~~

私:  杏ママだったり にぎやかママだったり。


もうすぐお誕生日の43歳

1963年うまれですよ。

オリンピックの時1歳

兄はいますが 11歳も離れているので ほぼ一人っ子。
そう わがまま気ままに育ちました。
お医者さんの家庭に生まれて 何不自由なく・・・?
お手伝いさんもいたそうです。(すご~~~~い!)

がっ!

2歳の時 父が他界(覚えていませんが)
でも・・・開業していた医院を母が存続(おばちゃんですが社交的なので)

5年生のとき 再婚。(そのときは嫌でしたわ。)

大好きな母に頼まれて 泣く泣く承知したのでした。
母は父がなくなってから 天下のニッセイのおばちゃんに転身。

そこでも・・・持って生まれた社交性をいかんなく発揮!
営業成績は常にトップクラスでした。

おかげで 私はしょっちゅうご褒美の旅行で学校を休みました。

再婚した父は 物静かでやさしい人でした。
ずっと普通の家族をやっていましたが、
私の結婚を機に・・・
「結婚(再婚)してくれててよかったなぁ~~~」と思いました。

母を一人にしないで済んだのです。

7年のいまでは考えられない永いつきあいの末 試しに申し込んだ都営住宅の当選をきっかけに パパさんと結婚

いまでは変わってしまった体育の日に挙式でした。

  さぁ~~~そろそろ 長男の・・・妊娠出産です。

西暦は・・・1987年かな? 昭和62年ですが・・・。

長男 俊伸 誕生です。彼も もうすぐ誕生日20歳  はたちになちます。

20年前 あっというまでしたねっ

彼は本当にたいへんな出産でした。
お腹に居るとき(出てくる直前) してしまいました。

これはとってもだめなことで・・・。
俊伸の肺にがこびりついて・・・。
出てきた直後に肺洗浄とか 注射とか点滴とか・・・知りませんでしたが 生死をさまよったそうです。

家族的には5人目の孫でしたが、末っ子の主人の長男誕生!!!と言う事で、みんなで祝杯をあげていたところに 病院から緊急電話だったそうです。

私には何も告げられません。 産後なのでいらぬ心配はかけなかったそうです。
で・・・集中治療室(ICU)ですよ

母乳をあげられなくて つらかったのを覚えています。
やっと面会が許されて ・・・(ガラス越しに眺めるだけでしたが)
手足に点滴を打たれてて なんともかわいそうでした。
全部殺菌消毒なので ビデオを回せなかったのが残念でした

そんな大変な出産にもかかわらず  本当に 絵に描いたような 元気いっぱいの男の子で とにかくかわいかったです。
よくハーフだと思われました。

起きてる時はとにかく動いていました。
(男の子は若くないと育てられない・・・)そう思いました。


2年後・・・長女 紗友子 夫婦は本当に健康なのです。
平成元年生まれの女の子が欲しくて・・・できました

あと3日おそければクリスマスイブでした。

 平成元年のクリスマスは病院ですてきなディナーをいただきました。

長男にくらべて 申し訳ないくらい ブチャイクで・・・
(女の子なのに・・・どーしよう)

本当に そう思いました。
下膨れの一重でまつげもありませんでした。
おでこのところにつむじがあって 前髪が角みたいに立っていました。

そりゃもうビックリ!!!

しかし・・・男の子とはくらべものにならないくらいおりこうさんでした。
2分も目を離すと行方不明になる俊伸に比べて ママの見えないところには絶対に行かないし、わがままを言って泣くこともないし、眠くなったら
「ねんねするぅ~~~」といってスヤスヤ・・・

しかし・・・幼稚園に行ってからが大変でした」。
しゃべれなかったんです。

遠くから「せんせ~~~~~!」って言えないので
先生のそばにいって肩をポンポンとたたいて はじめて「せんせい」と言う。
「おしっこ」が言えなくて まいにち パンツをぬらして帰って来ました。

でもそんな紗友子を本当に理解してくれた先生に 感謝感謝です。
思っている事をちゃんと言えないので精神的にも何かがあって、「チック」
目をパチパチし始めてしまったのです。

これは 親としては ショックでした。

原因なんかわかりません。
夫婦ではなしあって しばらく甘やかすこと(紗友子中心)で行こう!と決めました

それまではどうしても俊伸中心だったのです。

年長になったからはそんなこともすっかりなくなり 男の子にまけないくらいやんちゃになりました。

子供に手がかかるのは 小さいときから大きくなって反抗期も合わせてトータルで考えなきゃだめなのかな?・・・と 最近思います。


末っ子の真里・・・この方は ほんとうに面白いので 次回の日記にします

きょうは ほんのさわり・・・俊伸と紗友子の大きくなってからの話も書いていきます。

いがいと ツラツラ書ける自分に驚いています




スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://toshisayumari.blog38.fc2.com/tb.php/132-5fdf95d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。