スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金賞

長女の紗友子 
アンサンブルコンクール(東京都予選) 金管8重奏でみごと金賞をいただきました。
夏のコンクールも金賞でしたが・・・
彼女達は 金賞というのはあたりまえになっていて、その上である
東京代表になることが 金賞の意味なのです。
金賞をいただいても 代表に選ばれないと「ダメ金」と言うくらい。

今まで いろんなところで練習をして このあいだは
「ロシアンブラス」と共演まではいかなくとも、一緒に指導していただいたり
演奏を聴いていただいたり・・・

コンクールの為に 公会堂で練習を重ねたり。
代表になるという事がプレッシャーにはなりつつ
「とらなきゃヤバイ!」
だったと思います。

2月の大会に備えて またまたハードな日々の始まりです。

何百枚という楽譜を作ったり(これ、徹夜しても終わりませんでした。)

ダンス係のうちのお嬢さんは またこれから フォーメーションとかを考える日々なんでしょう・・・

 休みは高校卒業するまでありませんねっ!

2月の大会 3月の浜松大会 翌日の定期演奏会・・・
4月になれば また最上級生として新入生を引っ張る立場。

昨日のコンクールを聴いていた次女の真里は、
たくさんの高校の演奏を聴いて
「中学よりひどい!」という寸評もしたり・・・
「上手い学校の演奏を聴いて真似すればいくらか良くなるのに」など。

楽器のこととか、パートの位置とか、吹く姿勢とか
同じ吹奏楽部だと辛口コメントで 隣に座っている母は結構楽しめたり

確かに 長女たちの演奏が始まるときは、満員の会場が水を打ったように
「シ~ン」 となる。
お客様たちが「聴くぞ!」という姿勢になるのが伝わって こちらのほうがドキドキしたり

真里が帰りの車の中でふともらした本音は

「姉が杉並でわたしが同じ高校生になって他の高校で吹奏楽部に居るのがなんか・・・嫌だな!」

確かに 長女の高校の吹奏楽部はハードルが高すぎるから・・・

わかるような気がする。

 彼女はこのたび 大きな岐路に立つので、これからの活動は進む高校によってだいぶ違うから・・・

 希望は 新設高校に合格して、吹奏楽部を立ち上げ、自分が部長になり 
熱い部活にすること

 真里の中学卒業までは

しばらく 紗友子の応援だけに集中して楽しめることがすごく嬉しいです
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://toshisayumari.blog38.fc2.com/tb.php/105-8e3d9ad9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。